動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
ゴールデンレトリーバーのおやつについて。何をあげたらいい?

ゴールデンレトリーバーのおやつについて。何をあげたらいい?

あきら

体が大きい分、食欲も旺盛なゴールデンレトリーバー。おやつも喜んでたくさん食べます。では、ゴールデンレトリーバーにはどんなおやつを、どれくらいあげれば良いのでしょうか?注意点と共にまとめました。

ゴールデンレトリーバーのおやつ選び

ゴールデンレトリーバーはおやつも大好きですし、おやつをあげるときに伴う飼い主さんとのスキンシップに喜びます。では、どのようなポイントに気を付けておやつを選べば良いのでしょうか。

一種まとめ買いか、小袋を複数買いか

ゴールデンレトリーバーは体も大きい分、おやつもたくさん食べることになります(餌の二割以下が目安)。
ですから少ない種類のおやつをキロ単位でお徳用で飼うか、小型犬向けの小さなパックを複数買うか選べます。最初のうちは愛犬自身の好みを知るために容量の小さなものを複数買って色々試してみるといいでしょう。それで好みの傾向が分かったら、お徳用のものを買ってお気に入りを与えてあげると良いでしょう。

高たんぱくの肉製品がおすすめ

ゴールデンレトリーバーは大型犬のため、小型犬より多くのたんぱく質を必要とします。
ビーフジャーキーやササミ、牛タン皮など、無添加で良質のたんぱく質を多く含むものをおやつに選んであげると良いでしょう。

穀物アレルギーには気を付けて

ゴールデンレトリーバーはアレルギーを起こしやすい体質の犬種です。
その原因となる食べ物の特定は難しいですが、トウモロコシや小麦、大豆などの穀物がアレルギーの原因になることが多くなっています。普段の餌でも、おやつでも、穀物のものは避けた方が無難でしょう。

歯磨きも兼ねて牛骨を与える

ゴールデンレトリーバーも、毎日の歯磨きが必要です。
デンタルケアも兼ねて、牛骨を与えると毎日の歯磨きの手間が軽減されるでしょう。
また、噛むこと自体も運動になり、ストレス解消になるのでいいことづくめです。
無添加・無着色のものを選びましょう。

ペットプロ PPJ北海道産牛ボーン L

おやつをあげるときの注意点

上記の点に注意して選んだおやつを与えるときに、一緒に覚えておいてほしいことをまとめました。

肥満犬用のおやつは効果がない?

論文を参照すると、「肥満犬を対象とした療法食が市販されているが、その結果の報告は少ない」とあります。
つまり、餌やおやつを減らすというよりは、運動量を増やすことによって肥満を防止した方が良いと考えられるでしょう。

ゴールデンレトリーバーにおやつをあげるときは運動がセット

ゴールデンレトリーバーはおやつもたくさん食べますが、おやつを食べた分運動も必要だと考えてください。
室内でも体を動かしながらおやつを与えたり、屋外では遠くに投げたボールやおもちゃを取ってきたご褒美としておやつをあげると良いでしょう。

ゴールデンレトリーバーのおやつ選びまとめ

ゴールデンレトリーバーのおやつえらびに重要なことは「デリケートなゴールデンレトリーバーの体に良く、運動のきっかけになるもの」と考えてください。
遊びながらおやつをあげることによって、飼い主さんとの絆も深まるでしょう。

参考文献:犬の維持エネルギー要求量に関する研究 特にゴールデンレトリバーについて

ゴールデンレトリーバーのおやつ選びまとめ

    この記事をシェアする

「犬のエサ」の関連記事

犬のカテゴリ一覧