動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
ゴールデンレトリーバーの水遊び。川や池で泳ぐとき

ゴールデンレトリーバーの水遊び。川や池で泳ぐとき

あきら

ゴールデンレトリーバーは元々、撃ち落とした獲物を水の中まで取って来ることで活躍していた犬です。当然水遊びが大好きな子も多い犬種です。では、川や池で遊ばせるときは、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?準備しておきたいものと一緒にまとめました。

ゴールデンレトリーバーを水遊びさせても大丈夫?

ゴールデンレトリーバーは、元々撃ち落として水の中に落ちた獲物を回収していた犬です。水遊びも大好きですし、最初から上手に泳ぐ子も多いです。ゴールデンレトリーバーを水遊びさせるときに、注意しておきたいことをまとめました。

泳ぐのに苦労していないかチェック

まず川や池など水の中に入ったときに、泳ぐのに苦労していないかどうか必ずチェックしてあげてください。問題なく泳げていれば、静かに水掻きをしています。しかし泳ぎが上手でない場合は、顔の前でバチャバチャと水飛沫が立っているはずです。そのときは、すぐに陸か浅いところに連れていってあげましょう。

流れが緩やかで、浅い川や池で

ゴールデンレトリーバーに水遊びをさせるときは、流れが緩やかで浅いところを選びましょう。いくら泳ぎの名人と言っても、遠いところに行ってしまってはぐれてしまったりということは避けなければなりません。何かあったときのために、飼い主さん自身が十分助けに行ける距離で遊ばせてあげてください。

飼い主の言うことを聞ける子だけ

いくらゴールデンレトリーバーが泳ぎの上手い犬種とはいっても、やはり川での水遊びは危険が伴います。戻ってこいと言えば戻ってこれる、留まれと言えば留まれる、しつけの行き届いた子になってから水遊びに連れていくようにしましょう。

低体温症の危険

水に長いこと浸かりすぎると、体温が下がりすぎてしまうことがあります。ゴールデンレトリーバーは大型犬のため、体温調節が難しいのです。また、一度温度が下がった脂肪はなかなか暖まりません。太りすぎの子も、水遊びは避けた方がいいかもしれません。

釣り針に気を付けて

川や池には、流れていた釣り針が刺さってしまうことも考えられます。様子がおかしいな、と思ったら、素早くチェックしてあげてください。

障害物に絡まらないように

首輪をつけたまま水遊びさせる場合、杭などに引っ掛からないように注意してあげてください。水辺に生えている草や、水草が毛に絡んでいないかどうかもチェックしてあげてください。

水浴び後の肌は敏感

長時間の水遊びをして、水に浸かり続けたゴールデンレトリーバーの皮膚はいつもより敏感になっています。皮膚炎を起こしやすい犬種なので、帰ったあとの被毛や体のケアは十分に行ってあげてください。

ゴールデンレトリーバーの水遊びのとき準備するもの

それでは実際に川や池などで水遊びする際に、どんなものを準備しておけばよいのでしょうか。

お風呂の準備

水遊びから帰ったらすぐに、お風呂に入れるように準備しておいてください。川や池でくっついてきた虫や汚れをそのままにしておくと不衛生なばかりか、病気の原因にもなってしまいます。

ボール

水の中に向かってボールを投げ、「取ってこい」の遊びをするとゴールデンレトリーバーはとても喜びます。良い全身運動の機会なので、たくさん遊んであげてください。

タオル

水遊びが終わって水から上がり、ぶるぶると体を震わせて水を切ったら、ついたゴミや水気をタオルで軽くとってあげると良いでしょう。すぐに乾けば、また先述の通り帰ってすぐにお風呂に入れるなら必要はないのですが、帰り道ですれ違った人に、どうしたこんなずぶ濡れの犬はと思われるかもしれません。

飼い主さんが汚れてもいい服装を

想像はつくかと思いますが、水遊びが終わった愛犬と触れ合うということは、恐らく飼い主さんの服も濡れるだろうということです。いつも以上に汚れても構わない、動きやすい服装をして行きましょう。

まとめ

水遊びは、ゴールデンレトリーバーにとってたいへん楽しい遊びです。しかし何よりも危険が伴うものなので、しっかりと見守りながら水遊びを一緒に楽しんでください。水遊びのあとのお風呂も忘れずに。

まとめ

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧