動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
ゴールデンレトリーバーの抜け毛対策

ゴールデンレトリーバーの抜け毛対策

あきら

ゴールデンレトリーバーは大型犬の上、抜け毛の多い犬種です。春と秋には換毛期で毛が抜け落ちるため、頭を悩ませている飼い主さんも多いでしょう。そんなゴールデンレトリーバーの抜け毛対策に、どんなことが出来るのでしょうか?

ゴールデンレトリーバーの抜け毛について

まず、ゴールデンレトリーバーの抜け毛を防ぐ方法などはありません。
春と秋の換毛期にはゴールデンレトリーバーが体を揺すればふわっと毛が舞い散るほどに抜けますし、換毛期でなくても年中抜け毛は続きます。従って、抜け毛に対策出来ることは「出来るだけまとめて毛の処理をすること」「こまめに掃除をすること」の二点しかないと思っておいてください。

ゴールデンレトリーバーの抜け毛対策

抜け毛の多いゴールデンレトリーバーのために、抜け毛対策として出来ることをまとめました。

毎日のブラッシング

少しでもあちこちに抜け毛が散乱するのを防ぐために、毎日(特に換毛期は)ブラッシングをしてあげましょう。
またもう一つ重要な意義として、体に抜け毛がついたままで不衛生になると皮膚病の原因になるというものがあります。
ゴールデンレトリーバーは体が大きいので大型のもの、それも先端の尖っていないもので、地肌に触れないように気を付けてブラッシングをしてあげましょう。

服を着せる

服を着せることで、抜け毛が舞い散ることをかなり抑えることが出来ます。
とはいっても、ずっと服を着せたままにするとゴールデンレトリーバーのストレスになります。夏場は暑いということもあるでしょう。
ですから、室内で服を着せておくのは掃除が終わったあとの一時間だけなど、時間を限定してあげましょう。

トリミングをする

トリミングをするといっても、丸刈りにしてしまう訳ではありません。
サマーカットといって、夏場に地肌が見えるくらいに短く毛をカットするものがありますが、それはおすすめできません。
夏場の厳しい日差しや、虫などから地肌を守ることが出来なくなってしまうからです。
全体的に軽く梳いてもらったり、余分な部分の毛をカットするだけに留めましょう。

コロコロを直接当てる

嫌がらなければ、粘着力の弱めのコロコロを直接当ててあげるのも良いでしょう。
抜け毛がごっそりとれますし、気持ちが良いのでコロコロを直接当てられるのが好きな子もいます。スキンシップの一環としてすると良いでしょう。

家中にコロコロ・ガムテープを置く

これはゴールデンレトリーバーに対してというより、お掃除という面での対策です。
服やタオル、ソファなど室内の至るところに抜け毛がついてしまうものなので、家中の至るところに紙のガムテープやコロコロを置いてこまめに掃除するというものです。
家族がいれば、全員で毎日の習慣にしてしまうと良いでしょう。

水遊びをさせる・お風呂にいれる

庭やベランダがあって、子供用プールなどがあるならそこで水遊びさせるとよいでしょう。
川や池にお出掛けして水遊びすることも、とても楽しい遊びになります。
お風呂にこまめにいれるのもいいことです。ただし、ゴールデンレトリーバーは皮膚が弱いので月に三、四回程度にしておきましょう。

ゴールデンレトリーバーの抜け毛についてまとめ

冒頭に書いた通り、ゴールデンレトリーバーの抜け毛を防ぐ方法はありません。
対策としては「出来るだけまとめて毛の処理をすること」「こまめに掃除をすること」の二点しかないのです。それも、かなり大変です。
つまり、それをゴールデンレトリーバーの個性として受け入れて怠らずやってあげられる人でないと、ゴールデンレトリーバーをお迎えすることはやめておきましょう。

ゴールデンレトリーバーの抜け毛についてまとめ

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧