動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
ドッグフードの種類と、犬ごとに合った選び方

ドッグフードの種類と、犬ごとに合った選び方

渚 ナギサ

ドッグフードと一口に言ってもいろいろな種類があります。その選び方と種類をちゃんと知って、犬に適切なご飯をあげれるようにしたいですよね。犬種や年齢に合った物を確認しておきましょう ...

ドッグフードの種類と形状

『愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律』によって、犬用及び猫用のペットフードで健康を害するものは販売できないので、飼い犬の安全を考えるのであれば、国内で流通しているドッグフードを利用するのが良いでしょう。

ペットフードの種類

区分 定義 分類
ドライ 製品水分10%程度以下のフ製品水分10%程度以下のフード。加熱発泡処理された固形状のものがほとんどです。水分含有量が13%以上では、カビが生えたりするので12%以下に保つ必要があり、安全性に配慮して多くは水分含有量10%以下となっています。 ドライ
ソフトドライ 製品水分25~35%程度のフードで、加熱発泡処理されています。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。 ソフトドライ
セミモイスト 製品水分25~35%のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないものです。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。 セミモイスト
ウェット缶詰 水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、缶詰に充填されたフード。 ウェット
ウェットその他 水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、アルミトレーやレトルトパウチに充填されたフード。

引用:一般社団法人ペットフード協会

一般社団法人ペットフード協会によると、以上のように定義されています。
水分の量が多くなると腐りやすくなるため、空気に触れない加工がされている物がほとんどです。
そのため、開封後はなるべく早く消費するようにしないとなりません。

また、犬種や年齢が指定されているドッグフードもあります。
年齢が指定されている物は、当たり前ですがその年齢に合った栄養素があります。幼年期などは特に、成長に必要な栄養素が入ってるため成犬用ではなく年齢に合った物を与えましょう。
犬種が指定されているものも同様です。

ドッグフードの選び方と注意点

ドッグフードの選び方は栄養素などもありますが、人同様に犬自信の好みがあります。
筆者も以前飼っていた犬に、いつも買っているドッグフードと間違って似たパッケージのドッグフードを買ってしまった時、ご飯を食べずに困った事があります。
このことから、同じところから買い続けるのがよいと考えられます。

ですが、生産中止や販売元の倒産などで餌を入手できなくなる事もあります。
事前にいろいろな種類のドッグフードを買って、食べ方の違いで好みを調べておくのがよいでしょう。
ペットショップなどに行くと、たまに試供品などももらえるので、店員さんに聞いてみたりしてください。

犬にドッグフード以外のペットフード

犬に対して、キャットフードをあげても大丈夫?という疑問がある人も多いと思いますが、これは誤りです。
ドッグフードとキャットフードでは、中に含まれるたんぱく質や脂質などをはじめとするの栄養素割合が全く違います。
犬と猫を同時に飼っている人は、ちゃんと食べ物を分ける環境を作ってあげることも大切です。

犬と猫を一緒に飼っている場合、これから飼い始めるなら高低差を付けよう

犬と猫を一緒に飼う場合は、餌を与える場所に工夫してみましょう。
特に猫は立体的に空間を考えるので、高い所においておけば犬の餌を食べずに済みます。
また、犬の餌は小屋の中に入れて猫が入れないようにしておく、なども一つの対策ですね。
各家庭に合った方法で実践してみてください!

人間の食べ物をあげるのは?

ドッグフードが流通する以前は人の食べ残しを餌としてあげていた時代もありますが、その当時と比べ現在の犬の寿命が長くなっています。
健康管理の面から考えても、人の食べ物を与えてはなりません。
ドッグフードを一口味見をしてみるとわかりますが、かなり薄味でまずく感じるものが多いです。
それは、必要な栄養素などがまるで違うから、と言う事を知っておかなければなりません。
人の食べ物を食べると、塩分過多になり様々な疾患の原因となります。

ドッグフードにも適切な塩分量(ナトリウム)が含まれているので、加えて塩分を与える必要はほぼありません。

もしも与える必要がある場合は、かかりつけの獣医の指示に従ってサプリメントなどで与えるようにしましょう。

ペットQオススメのドッグフード

色々な動物の情報を取り扱っているペットQのオススメのドッグフードを探してみました。

モグワン

一つがこの、モグワンドッグフード。
無添加のドッグフードとして売り出されています。安いドッグフードなどで危惧されている添加物として酸化防止剤などがありますが、それらの添加物はこのモグワンには含まれていません。
原材料を確認してみる限り、成犬に向けて与える餌として適切な配分になっているので、オススメが出来ます。
定期購入で割引もありまし、もちろん最初に1つだけ試しで購入することも可能です。

無添加なので、早めに使い切らなければ腐ります。
日の当たらない風通しの良い所で保存しましょう。

犬心

もう一つがこの、犬心。
こちらも添加物に関して評価高めのドッグフード。
犬の7大トラブルと言われている疾患に関して、対策を取っているドッグフードで、肥満などの予防食としてもオススメです。

こちらも無添加なので、モグワン同様に適切な保存を行い、早めに使い切りましょう。

ドッグフードで気を付けたい添加物

ドッグフードを選ぶ時に気を付けたいのは添加物ですね。
特に気を付けておきたい添加物の一覧をまとめてみました。

  • エトキシキン
  • BHA
  • BHT
  • キシリトール
  • 赤色3号
  • 赤色40号
  • 赤色102号
  • コーンシロップ
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム

他の添加物でも、危険性があるものもありますが、特に注意したい添加物は以上の10個です。
発がん性があるものもあり、少量だとしても毎日摂取するのには向いていないと考えられます。

人の食べる食材と違い、市販のドッグフードでは安全性が確立されていないことがあります。特に大量生産されている物は、消費期限を延ばす為に、このような物を使うことがあります。
飼い主としては、この10個の物を避けるという事を忘れないでおきたいところですね。

値段をとるか、寿命を取るかの選択は飼い主次第

残念ながら、この添加物が入っていないドッグフードは若干高価になりやすいという側面もあります。
保存料が少ないと、スーパーやホームセンターなどの販売店で置きづらいため、生産量も限られるからです。

ペットとして飼われている犬の健康を考える事が出来るのは飼い主だけです。
そのことを忘れずに、餌を選ぶようにしてくださいね。

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧