動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
犬を飼うときの費用は?毎月かかる金額と最初にかかるお金

犬を飼うときの費用は?毎月かかる金額と最初にかかるお金

渚 ナギサ

犬を飼うときにいくらかかるのかご存知ですか?生活費とのバランスでいくらの出費がかかるのかを知って、どれぐらいの費用を用意しておくお金はいくらぐらい必要なのでしょうか。初めて犬を飼うときに必要な金額を知って、万全な状態で迎え入れましょう ...

犬を飼うときに必要な初期費用

犬を飼うときに最初に買っておくものなどの費用や、ワクチンなどの雑費を見てみましょう。

種類 金額 備考
犬の購入費用 平均10万~ 犬種によって異なる
登録費・狂犬病予防 4000円程度 必須(法律で定められている)
ワクチン代 1万~1万5千 獣医さんと相談
生活必需品 最低2万円程度~ ケージ、エサ入れ等
おもちゃなど 500円~ 必要な場合のみ
去勢・避妊手術 2~4万 任意で行う(避妊の方が割高)
エサ代 平均3500円 1ヶ月平均
ペット保険代 平均2500円 1ヶ月平均
しつけ代 トレーナーにより異なる 必要な場合のみ

基本的にかかるのはこのあたりの費用です。
初期費用としては、犬の購入費を抜いて約5万円ほど用意しておくのがよさそうです。

狂犬病などの登録、接種は法律で義務付けられているので、登録費で3000円、自治体や受ける場所によって多少異なりますが狂犬病ワクチンが数百円~といったところです。

任意のワクチン代などもありますが、ワクチン接種をしないのは危険です。
ワクチン接種をいらないという人もいますが、飼い犬に危険が及ぶ可能性もあるので、必要経費だと考えておきましょう。

子犬の値段はいくらぐらい?

子犬の値段が初期費用の中で一番高い値段がつけられます。
犬の値段はその時人気の犬種などの場合は高くつく傾向があり、子犬であるほど値段が高くなるようです。
子犬の場合は10万円~の値段で、ペットショップで売られていることが多く、高いもので50万円などを見かけたことがあります。
ちなみに、世界一高い犬は2億円もするそうです。一般人には買えないし、飼えない犬ですね。

もちろん、ペットショップ以外で子犬を引き取ることもできます。
里親などで引き取ることによって、購入費がない場合などがあり、飼い主の経済的負担が少なく、殺処分になる可能性を回避することになり、犬と飼い主の両方に利益があります。

ですが『この犬種がどうしてもほしい!』という人であれば、里親を探している犬と出会えない可能性もあるため、どちらも考慮しておく方が良いかもしれません。

去勢・避妊手術代

犬の場合、去勢・避妊手術は基本的に任意で行います。
費用は病院によって異なりますが、2~4万円の間で行ってくれるところが多いです。
また、避妊手術の方が費用は高くなります。
去勢・避妊手術のメリットとしてはいくつかあります。
まずは発情による問題行動が少なくなることです。
また、望まない妊娠を防ぐことが出来ます。
デメリットとしては、費用がかかることと犬の体に負担がかかることです。
犬の去勢・避妊手術の必要性に関しては、別記事で詳しく解説します。

犬の生活費と雑費

犬と暮らすうえで、エサ代やトイレシート代など、生活費がいくらかかかります。
初期費用以外にもかかるお金も、毎月用意できるかを考慮してから飼う事を考えなければなりません。
費用としては、毎月約1万円のお金が必要だと言われています。
フード代や、シャンプートリミング代、グッズ代などです。

犬の生活費の中で最も出し惜しんではならないものは、病院代とエサ代です。
病気や怪我・健康診断のための病院代は、惜しまずに出してあげてください。
直接犬の寿命や健康を左右することになります。

また、エサ代に関してもあまり出し惜しまないであげてください。
エサも同じく、直接犬の寿命や健康を左右します。
エサを選ぶときは、有害な添加物が含まれていないかを基準に選んであげてください。
基本的には、原材料を厳選し、製法にもこだわって作られたプレミアムフードがおすすめです。
詳しくは、以下の記事をご覧ください。

病院費や年に数回のワクチン代なども含めて、毎月の費用として別にしておきたいのは、1万5千円程度が適正ではないでしょうか。

他にも、引っ越しなどを考えた場合は、犬が住める環境に合わせた物件を探すなど、様々な面で普通よりもお金がかかることがあります。

ペット保険代について

ペット保険に加入する場合は、当然ながら月々の保険料が必要です。
しかし、ペット保険に加入していれば、急な病気や怪我の治療にかかる費用の一部の負担してもらえることになります。
いざ病気や怪我をしてしまったときに、治療費の都合で十分な治療を受けさせてあげられない、ということだけは避けなければなりません。
保険料は犬種や年齢によって様々ですが、月に約2500円くらいを目安に考えておくと良いでしょう。
保険で賄ってくれる治療費の割合も、プランによって様々です。
まずは一括で資料請求をして、おうちのわんちゃんにぴったりのプランを見つけてみてください。

そのほか予想されるお金

生活費や雑費、初期費用など以外でかかるお金以外にも、突然かかる費用もあります。

筆者自身が以前飼っていた犬の場合は、ケージを破壊されて買い替えという予想外の出費がありました。
その他にも考えられる出費として、網戸や壁紙、畳などが多くにあるようです。
稀に見るものとしては、掃除機に毛が詰まって買い替えという事も見られます。

生活費とは別に月5千円ほど預金をしておくのが良いかもしれません。

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧