動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
日本で飼えない動物って意外と多い!?日本のペット事情を知ろう

日本で飼えない動物って意外と多い!?日本のペット事情を知ろう

渚 ナギサ

日本で飼えない動物は何がいるのでしょうか?実際に日本で動物を飼う際に、一般的に選ぶ動物の場合のほとんどは問題ありません。ですが一部の動物は飼うことが禁止されています。特定外来生物法などに指定されている動物や、特定動物とは? ...

日本で飼うことが出来ない動物は何で指定されている?

日本で飼うことが出来ない動物は大まかに2つの規制があります。
1つ目は、『ワシントン条約』による「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」。こちらは、基本的に家庭で飼育できない動物なので、ペットショップなどには確実にいません。
ワシントン条約で禁止されてる動物のやり取り・種類・理由についてはこちらから

2つ目は、『特定外来生物法』によって規制されている動物。
こちらは、日本に入ってくることで生態系に係る被害が出る恐れがある動植物に対して規制が行われています。
一時期ペットとして飼われていた動物なども含まれています。
過去にペットとして飼われていても、飼い主が無責任に野や池、川に放つことで、自然の生態系を壊している動物が問題となっています。

逆にペットとして飼える生き物を知りたい人は、ペットQのトップページから探してみてください。

スズメとかも飼っちゃいけないって本当?

スズメを飼うのが禁止されている、というのを耳にしたことがありませんか?
答えは『スズメは飼うことを法律で禁止されていない』です。

鳥獣保護法は狩猟・捕獲方法に関して制限されている法律で、捕獲後に関しては規制されていません。もちろん飼う上で許可の申請なども不要です。
なので、適切な狩猟・捕獲を行った場合は、飼う事が可能になります。
もともとは捕獲して食用などにする際に乱獲を防ぐための法律で、動物愛護法と混同して覚えてしまう人が飼えないと言っていると考えられます。

ですが、野生の生き物なので、家の中で飼うのはあまり向いていない動物。というのがあまり飼われていない理由でしょう。
素人が飼う上では、細菌や寄生虫などへの配慮のほかに、生活環境でのストレスなどにも注意をかけれないことが多いので、ペットに適した動物を飼うようにしましょう。

スズメ以外の動物も同様で、禁止されていないからと言って、不用意に飼うのは
オススメできません。

詳しくはこちらで解説されていました。

飼う上で届け出が必要な動物いる

日本の法律で特定の動物は飼育するうえで届け出が必要な物もいます。
外来生物法によって規則を破ると、6か月以下の懲役もしくは100万以下の罰金がかせられる可能性があるため、珍しい生き物を飼う場合は届け出が必要かどうかを調べてから飼うようにしましょう。
法人の場合は5000万円以下の罰金と、かなり高額となりますので個人事業で飼うのを検討している人なども注意が必要です。

特定動物の種類は、トラ、タカ、ワニ、マムシなどの哺乳類や鳥類、爬虫類などの約650種類が対象となっているようです。

危険動物を飼う上で必要な基準と罰則

危険動物を飼う上で必要な物は、大きくまとめると『絶対に逃がさない』という状態が必要です。
一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼育保管する、と環境省で提唱されており、さらに逃走を防止できるように措置しておかなければならないとされています。
当たり前ですが、設置した施設の定期点検も必要です。
他にも、動物が第三者に接触するのを防止したり、個体識別措置をとる必要があります。

また、飼う上での点検不備などがあると、届け出をした許可が取り消される事があります。
その状態で飼い続けると、無許可で飼う状態となり、上記でも少し触れましたが6か月以下の懲役または100万円以下の罰金、法人の場合は5000万以下の罰金が処せられます。

一般の人には、やはり飼うのが難しいので、危険動物を安易な気持ちで飼うのはやめておきましょう。
安全管理の基準を満たしていても、飼っていた熊に殺される事件なども起こっており、飼い主自身が命の危険にさらされることは間違いないと考えられます。

外来生物法と危険動物についての詳細をご覧になりたい方は、
環境省「動物の愛護と適切な管理」
をご覧ください

    この記事をシェアする

「ペット基礎知識」の関連記事

ペット基礎知識のカテゴリ一覧