動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
水槽の棚や台はどんなものが良いのか?メタルラックでも大丈夫?

水槽の棚や台はどんなものが良いのか?メタルラックでも大丈夫?

渚 ナギサ

いざアクアリウム!水槽を設置だ! と思っても、水槽を置く場所に困ることがあります。必要な棚や台としてはどんなものが適切なのか、また、メタルラックのようなものでも大丈夫なのかもチェックしてみましょう。 水槽を購入する前や、今の棚や台に不安がある人は要チェック!

水槽の棚、台は基本的に専用の物を

水槽の棚や台は基本的に専用の物を使うことをオススメします。
その最大の理由は『水槽の重さ』
2ℓの水を持つのも重たいのが分かる通り、水槽には多くの水が入り重量が重くなるため、市販のカラーボックスなどの場合、倒壊の危険性が出てきます。

水槽の重さの基本的な指標

基本的な重さの考え方は以下の通り

水槽本体の重さ+内容量(ℓ)×1.1+余剰分5㎏=水槽の重さ

純粋に水の重さであれば1ℓ=1㎏で考えればいいのですが、水槽を設置する際に他の物を入れる事が多いので、少し重めに計算しておく方が無難です。
また、余剰分として5㎏を取っておくのは、照明やフィルターなど、追加する備品の重さを考えておくためです。

これに合わせて考えると、横60㎝奥30㎝縦36㎝の水槽の場合、56ℓが基準になっているので、このように代入できます。

10㎏+56㎏(ℓ)×1.1+5㎏=76.6㎏

60㎝水槽の場合、成人男性一人分ほどの負荷が棚にかかる事になります。
初心者にオススメされる水槽の場合は、これぐらいの重量が必要になるので、通常の棚や台の場合、重さに耐えられず壊れる心配がされてしまうのです。

これが横60㎝奥40㎝縦40㎝の水槽になると、100ℓ水が入るので、さらに40㎏以上重くなるなど、大きな水槽になるほど一気に棚の重要性が高くなります。

一般的なメタルラックなどはオススメ出来ない

メタルラックなどの『耐荷重』が書かれている事がありますが、全体として見た場合なので、3面あるメタルラックで150㎏となっていた場合、1面50㎏と考えた方が良いです。
そして、メタルラックの場合網状の台面になるので、水槽の底面への負荷が大きくなり、傷やヒビなどに繋がる可能性もあります。

また、床への負荷が大きくなる点も問題です。
メタルラックの場合、4本の脚で支えている事が多く、その4つに分散されて重さがかかります。
フローリングへの負荷としては数センチに何十キロもの負荷がかかることが想定されていないので、その点でもあまりオススメが出来ません。

水槽でよく使われる棚

水槽用の棚が必要だった、という事を知らなかった人も多いようで、ネットショップで購入できる棚が多く使われているようです。

ジェックス 扉付キャビネット610W クロ木目

これのような、基本的に使い勝手の良いスタンダートな物が、アクアリウムを作る際に、景観を損ねないものですね。
また、自作する方法もあるようですが、ある程度知識が必要なので、初心者は手を出さない方が良いでしょう。

倒壊した際に水槽が割れたり、マンションの場合水をぶちまけて下の階に染み出すなど、様々な危険性があります。

普通の棚を強化して水槽台にすることは可能?

普通の棚の場合、強化する際にいくつかの知識が必要です。
まず木製の物であれば『木目』に注意して、支柱を間に入れると信頼度が増します。
純粋に厚い木材を使って補強するのであれば、その分強度が増すのでこの点に関してはあまり気にしなくてもよいですね。

ただし、強化と言ってもあくまで付け焼刃であることはお忘れなく。
強度計算に関して考えたり、不安になるようであれば専用の棚を使いましょう。

木目を交差させるように2枚合わせる

基本的に木目を同じ方向にしない方が、強度が増します。
2枚重ね合わせて使う場合は、木目に注意して木材を用意しましょう。
ホームセンターなどで、カットしてもらう場合はあらかじめ強化する棚の木目をチェックしておくと良いですね。

側面と背面に加工したら、加工した天板を合わせる

側面や背面を強化したら天板をその追加した形に合わせて、重ねておきましょう。
側面を強化しても、天板を上にのせて居なかったらあまり意味がない事もありえますので、ここでは基本的に天板を乗せて接着する、と書いておきます。
専門性が高い強化の仕方をした人には不要な話ですね。

メタルラックの場合は、床とつなぎ目の強化が必要

メタルラックを強化する場合は、床に設置する面を増やしたり、台をはめる所などに注意が必要です。
サイドに他の支柱などを作り、重量分散させておくのが基本だと考えて強化をしましょう。

棚や台も含めて水槽のレイアウト

アクアリウムを作るときは、やはり棚や台も含めてレイアウトだと考えた方が良いですね。
テキトウな台より、綺麗な台のが見栄えはかなり良くなります。

部屋の印象に合わせて棚、台の色を選ぶ人が多いですね。
また、水槽の特徴として『黒色』との相性がいいものが多いので、その点も考えて台を選ぶのも良いかもしれません。

これから、自分に合った良い水槽を作り上げてくださいね!

    この記事をシェアする

「水生生物の基礎知識」の関連記事

水中の生き物のカテゴリ一覧