動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
犬に服を着せるのは良いこと?悪いこと?

犬に服を着せるのは良いこと?悪いこと?

あきら

最近では様々な種類のものが売られているドッグウェア。愛犬が服を着た姿はかわいいものです。しかし、犬に服を着せるのは良いことなのでしょうか?悪いことなのでしょうか?

犬に服を着せるメリット

犬に服を着せることに、もちろんメリットはあります。
防寒はもちろん、防熱や抜け毛対策など。
細かく見ていきましょう!

服で防熱対策が出来る

真夏の散歩のときは、服を着せてあげることで、地面の反射熱から犬を守ってあげることも出来ます。
特にダックスフンドやチワワなど身体の小さい・足の短い犬は、地面の反射熱をより近くで体に受けることになります。
涼しい素材のものを選んで着せてあげるとよいでしょう。

服で防寒対策が出来る

犬は元々寒さに強いですが、歳をとると新陳代謝の低下に伴って寒がりになります。
また、老犬になると心臓や関節が弱っていくことによって寒さが堪える体になってしまいます。
雨の日や、真冬に散歩などで外に出るときはセーターやベストを着せてあげましょう。体が暖まりやすくなります。
また、十分に体が暖まったら服を脱がせてあげるなど、気を遣ってあげてください。


防熱・防寒対策が出来る

体の汚れや抜け毛を防ぐことが出来る

背の高い草むらの中で遊ばせるときなどは、体毛に草が絡まって毛が抜けやすくなったり、汚れやすくなったりします。
毛が抜けるのは好ましくありませんし、汚れを綺麗にしてあげるのが大変になります。
服を着せることによって、それも軽減することが出来ます。

犬を落ち着かせることもある

服を着ると、抱き締められているような感覚になる子もいます。
興奮しやすい性格の犬にとっては、服を着ることによって落ち着かせる効果もあります。

服を着た犬はかわいい

これに関しては、飼い主の自己満足といってしまえばそれまでかもしれません。
とはいえ、愛犬が服を着た姿はかわいいものです。その子が嫌がらない範囲であれば、おめかしを楽しむのもいいでしょう。

服を着た犬はかわいい

犬に服を着せるデメリット

メリットに対して、犬に服を着せるデメリットとしてはどんなものがあるでしょうか。
こちらも掘り下げていきます。

犬のストレスになりうる

最初は、どの犬も服を着るのを嫌がります。
合ったものを選んだり、慣れさせてあげれば着るようにはなりますが、不必要なときに着せ続けることはやめましょう。

長時間服を着ていると蒸れてしまう

特に夏場は、長い間服を着ていると体毛の間で蒸れてしまいます。
皮膚の健康のためによくないので、長時間の着用は避けましょう。

飼い主の自己満足と捉えられがち

上記の通り、犬にとって服が必要な状況ももちろんあります。
ただ、中には犬に服を着せることを「飼い主の単なる自己満足だ」と捉える人もいます。
そういった目線もあることは知っておいて損はないでしょう。

服を着せるときは、犬の都合を第一に考えて

服を着せることは、防寒や防熱のため・汚れを防ぐためなど、犬にとって良い面もあります。
ただし、犬にとって服があまり必要でないことも多くあります。
その子にとって必要か、そうでないかを第一に考えて服を選んであげてくださいね。

犬の都合を第一に考えて

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧