動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
トイプードルの自宅でのトリミング。ムダ毛の手入れを!

トイプードルの自宅でのトリミング。ムダ毛の手入れを!

あきら

トイプードルは、トリミングサロンでのカットの他に、自宅でのトリミングが必須になります。足の裏、肛門周り、目の周りなどを日頃からよく見てあげてください。自宅でのトリミング方法とその注意点について解説します。

トリミングサロン通いをしていることが前提

トイプードルは被毛の抜け替わりがない犬種です。
そのため、一ヶ月に一回程度トリミングサロンに通っておくことは必須になります。
トイプードルは毛が長く、ふわふわしているため、様々なデザインにカットして楽しむことも出来ます。

トリミングサロンの選び方、通うときの注意点については以下の記事も参考にしてください。

自宅でのトリミングは必要?

トリミングサロンで一ヶ月に一回カットしてもらっているのに、自宅でのトリミングは必要なのでしょうか?
答えとしては、イエスです。トイプードルはその被毛の特徴から、必ず自宅でお手入れしてあげなくてはいけません。
その場所とやり方について、詳しく見ていきましょう。

足の裏のトリミング

足の裏がもさもさして、肉球が毛で見えづらくなってきたら、足の裏をトリミングしてあげましょう。
室内で走り回るときに滑りやすくなりますし、外では汚れやすくなります。
足をしっかり掴んで、バリカンを寝かせるようにして毛を刈ってください。
バリカンを寝かせて、肉球の中をくり抜くように刈ってあげると上手くできます。

肛門まわりのトリミング

肛門周りの毛が伸びてしまうと、ウンチがつきやすく汚れてしまいます。
肛門が毛に隠れずきちんと見えるようになっていればOKです。
傷つきやすい場所なので、無理せず丁寧に行いましょう。

目の周りのトリミング

トイプードルの場合、毛質から毛が目に入ってしまうことが多々あります。
また、涙の塩分が目の下の毛について赤茶色に変色してしまう涙焼けも起こしてしまいます。
まずは目の周りの毛を櫛で丁寧に梳いて整えてあげてください。
そのあとに梳きハサミで少しずつカットします。
目の周りは切り過ぎると不自然になりやすい上に危険なので、トリミングサロンにお任せしてしまうのも良いでしょう。
自宅でやるにしても、飼い主さんに全幅の信頼を置いていて暴れないとわかっている子にしてください。

ハサミよりもバリカン中心に

刃で突いて怪我をさせやすいので、自宅でのトリミングは基本的にはバリカンで行いましょう。
ハサミを使う場合も、切れづらいものや普通の家庭用のものは危険なので避けてください。

部分トリミングはこまめに

先ほどお伝えした、足の裏・肛門周り・目の周りは普段の健康チェックと合わせてこまめに見てあげてください。
トイプードルの怪我や衛生状況に関わるので、トリミングサロンに行ったときに飼い主さんの自宅のカットで良いかどうかチェックしてもらいましょう。

トリミングが終わったらご褒美をあげて

自宅でのトリミングが終わったら、我慢できたご褒美にたくさん褒めてあげてください。
トリミングが終わったら後で良いことある!と覚えさせてあげてください。
また、マッサージを併用して、トリミング大好きな子にしましょう。

トリミングが終わったらご褒美をあげて

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧