動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
犬の服の選び方 どうやって服を選べばいいの?

犬の服の選び方 どうやって服を選べばいいの?

あきら

愛犬にかわいい服を着せたい!でも、そもそも犬にぴったりの服はどうやって選ぶのでしょうか。季節ごとに適した服は?服に慣れていない子に向いている服は?飼い主の好みとは別に、考慮すべきポイントをまとめました。

季節に合った素材の服を選ぶ

前回の記事で、季節に合わせて防熱・防寒対策で犬に服を着せることのメリットについてお伝えしました。
では、具体的にはどのような服を選べばいいのでしょうか。

犬の夏服

特に小型犬にとっては、夏の地面からの反射熱から守ってあげる必要があります。
麻や綿などの、通気性がよく吸湿性のある素材のものを選んであげましょう。

犬の冬服

老犬や関節に疾患のある犬の場合、冬の寒さを防げるものを選んでください。
デニム生地のジャケットや、ウールのセーターなどがよいでしょう。

犬の春服・秋服

過ごしやすい気温の春・秋に関しては、防熱・防寒の観点で服を着せる必要はありません。
しかし暑さ・寒さが本格化する前の季節に、着やすい服を着せて慣れさせてあげるのがよいでしょう。
バンダナを巻いてあげたり、薄いノースリーブのものがおすすめです。

季節ごとの犬の服

体格に合ったサイズの服を選ぶ

犬の服選びに関して、機能性と同じくらいその子のサイズに合っていることが重要です。
首周り・背丈(尻尾の付け根から頭まで)・胴周りの長さをしっかり測ってください。
服の裾が邪魔にならないか、体の動きを制限しないか、詳しくチェックしましょう。
毛の多さや、活発に動き回るのが特に好きな子かどうかも考慮が必要です。

こんな服は避けて

素材やサイズを吟味すれば、おのずと選ぶべき服は限られてくるかもしれません。
しかしその中でも、避けた方がよい服についても覚えておいてください。

音がするレインコート

冷たい雨から守るためにレインコートを着せることには意味がありますが、シャカシャカ音がしすぎるレインコートは避けた方が無難でしょう。
特に慣れていない子は嫌がります。

薄手のセーター

薄手のセーターはかわいいのですが、あまり機能性に優れていません。防寒にも防熱にも向いていないということは覚えておいてください。
暑すぎない・寒すぎない季節に、服に慣れさせるために着せるのはいいかもしれません。

服選びは愛犬と相談して

犬の服を選ぶときは、季節に合った素材とサイズがポイントになることをお伝えしました。
どんな服を着せてあげるにしても、愛犬が心地よいと感じることを一番に考えてあげてください。

服選びは愛犬と相談して

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧