動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
犬を買う場所と自分にあった出会い方

犬を買う場所と自分にあった出会い方

渚 ナギサ

犬を飼いたい!と思っても、どこから買うのがよいのか、どれぐらいお金がかかるのかが分からないと行動しようがありません。初めて飼うならペットショップ?ブリーダー?里親?保健所?などの疑問を解決して、自分に合った所から犬を迎え入れましょう ...

犬を買える場所ってなにがあるの?

まず、犬との出会いの場を見ていきましょう。

ペットショップ 一般認知が一番高い犬との出会いの場です。直接見て選ぶことができ、多くの場合が子犬である場合が多いです。
値段が表示されているので、経済状況に合わせえ購入を考えられます。
ブリーダー 躾なども含めて相談をすることが出来る購入場所です。
ブリーダーの場合個人で行っているところが多く、トラブルが起きる事も多いので初めて飼う場合は信頼できるブリーダーでない場合は注意が必要です。
ボランティア団体 非営利目的の団体で、里親と同義であると考えて問題ありません。里親のコミュニティで、定期的にイベントを行っている場合が多いです。
里親になる ボランティア団体を介したり、直接知り合いか譲渡してもらう方法です。
繁殖や引っ越しなどで飼いきれなくなった場合に里親を探してる事が多いです。
保健施設 やむをえない理由や、捨て犬などが保健所などの保険施設に持ち込まれた場合、引き取ることも可能です。
引き取り手がいない場合、殺処分となってしまう為命を助けることが出来ます。
捨て犬を拾う 現在かなり少なくなってはいますが、捨て犬を拾うことも少なくありません。ですが、それ目的で動くと出会うことはあまりないので自分から行動することが重要だと考えておきましょう。

『犬を買うならペットショップ!』と考えがちですが、ペットショップ以外にもさまざまな出会い方があります。
一概に購入を考えるのではなく、里親になるなどの『命を助ける』選択しを考えてみてはいかがでしょうか。

ペットショップで飼う場合に、相談することもできますがいつの間にかセールストークに移ってしまう人も少なくありません。
どこで買ったり、引き取ったりする場合でも、相手は人なので親切な人や不親切な人もいます。
初めて犬を飼うので不安でどこに相談すればいいの? という場合でも最初に行うのはかかりつけの動物病院を探すことなので、そこで飼い方などの相談をしていくとよいでしょう。

自分に合った出会い方の選択方法

『どうしても子犬が買いたい!』『どんな犬でも一緒に暮らせれば』と様々な意見があると思います。
高いお金を出して買ったら、ほかにかかる費用で困るという人もいるでしょう。

ペットショップで買う利点と欠点

子犬と出会う場としては、ペットショップが一番知名度が高いです。
ペットショップでは、約数万~十数万程度で子犬を購入することが出来ます。
ケージや餌など、同時に必要な物をそろえる場合は、ここからそろえることも可能です。

欠点としては、高額であると言う事と、子犬に既にストレスがかかっている場合があると言う事です。
ペットショップに到着するまでに、ブリーダーのところから移動していたり、ほかの店舗に移動するなど、子犬の環境が目まぐるしく変わることがあり、負担がかかってしまった状態で、新しい環境に移動する可能性もあります。
直接取引を行うよりも、子犬の負担が大きい買い方であることを知っておくほうが良いでしょう。

ブリーダーなどから直接購入する利点と欠点

上記にあげた通り、子犬の負担が小さいことが一番の利点だと考えられます。
また、費用が仲介業者が入らないため安く抑えられる可能性もあります。

ですが、悪質な業者や、詐欺まがいの取引を行うブリーダーがいることも事実です。
個人でやっているところも多く、大きな企業と比べてトラブルが多いので、信頼できるブリーダー以外から買うと言う事は避けた方が良いと考えられます。

里親募集や保健施設から引き取る

飼い主の利点としては、購入費を抑えられると言う事です。
そして、何より大きな利点として犬の命を救うという点においてはこれ以上ありません。

欠点としては、事情を抱えた犬である可能性があることです。
ですが、犬を飼う上でまったく世話を焼かない犬はいないので、それほど大きな欠点だとは考えなくてよいでしょう。
また、血統書がない場合や、実際の年齢がわからないなどの不安点もあります。
格式を重んじる場合は、血統書をちゃんと出してもらえるブリーダーやペットショップから購入するのが無難です。

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧