動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
犬の動物病院の選び方 いい動物病院とは?

犬の動物病院の選び方 いい動物病院とは?

あきら

愛犬を動物病院に連れて行きたい。でも、何を基準に良し悪しを判断すればいいんだろう?値段の相場は?良い動物病院、良い獣医さんとは?動物病院の選び方についてまとめました。

いつ動物病院を選ぶ?

犬の動物病院を選ぶタイミングは、お迎えしてすぐにしておきましょう。
お迎えしたばかりの子犬にとってはすぐに二回目三回目のワクチンを受けさせる必要があります。
また、そうしているうちに子犬が体調を崩すということもあり得るでしょう。
子犬が家で過ごすときに快適になれるような用品を揃えると同時に、近所の動物病院についても調べておきましょう。

いい動物病院とは

大事な愛犬の治療を任せる動物病院。出来るだけいい動物病院で診察を受けたいものです。この記事では、いい動物病院かどうかのチェックポイントをまとめました。
動物病院に連れて行くときの注意点としては、以下の記事を参考にしてください。

自宅から近い

自宅から近く、通いやすいことが重要です。
急な容体の変化や、てんかんなど緊急性を要する病気・怪我のときにすぐに駆け込める場所にあるところを選びましょう。
自宅から多少遠いけれど設備が充実しているところと、設備はあまり充実していないけれど自宅から近いところなど複数通っておくのも良いでしょう。

診察が丁寧

診察が丁寧であるということは、素人には少々判断が難しいところではあります。
見るべきポイントは「飼い主さんの話をじっくり聴いてくれるか」「しっかりと身体検査をしているか」です。
まず、犬の病状・症状についてどんな処置をとるかを判断するには、飼い主さんによって客観的に説明されたものを聴くことが不可欠になります。そこをスキップしないで、じっくりと丁寧に話や心配点を聴いてくれる獣医さんがいる動物病院を選びましょう。
また、しっかりと身体検査をしてくれることも重要です。
身体検査自体は犬にとってはストレスになるのですが、身体検査をしっかりしないことには正確な診断をすることは出来ません。
診察が手短すぎる、ほとんど飼い主さんの話を聴いてくれない・身体検査をしない動物病院は避けた方が良いでしょう。

院内が清潔

動物病院内の待合室、診察室などが綺麗に保たれていて、臭いの酷くないところを選びましょう。院内が清潔であることは、医療従事者としての意識が高い証拠です。また、診察・治療に時間が追われ過ぎて他の事がままならなくなっている状態ではない、とも判断できるでしょう。

説明がわかりやすくて丁寧

医療行為に対して、インフォームド・コンセントをしっかりと行ってくれるというのも、良い動物病院の条件の一つです。犬を家族の一員と捉えているともいえるでしょう。
また、専門用語をみだりに使わないというのも重要なポイントです。
専門用語でまくしたてられると、たいていの飼い主さんは分かったふりをして聞き流してしまうでしょう。
獣医さんがわかりやすい言葉で、丁寧に説明してくれる動物病院を選びましょう。

犬に対する愛情を感じる

普段の生活の様子や過去の病歴、症状の様子や経過などを細かく聴き取ってくれて、触診や聴診が丁寧な獣医さんがいる動物病院を選びましょう。犬や飼い主に対して誠実な対応であるほど、正確な診断を下せると考えて良いでしょう。
余談ですが、緊急の状態で動物病院に電話をかけ、飼い主さんが「今お金がないんですけど……」というと「何言ってるんですか、命がかかってるんです。お金なんか後でいいから早く来てください」と返してくれる獣医さんもいます。
飼い主さんからこういった対応を求めるのは間違いですが、これくらい犬のことを大切に思ってくれている動物病院があれば、大切にしたいものです。

獣医さんや看護師さんが優しい

獣医さんや看護師さんが「優しい」というのは、案外重要なポイントです。
診察の質と、獣医さん・看護師さんの性格や印象は実質直結するものになり得ます。
なぜかというと、獣医さん・看護師さんが常に仏頂面で不愛想な場合と、優しそうで笑顔で接してくれるのとでは、飼い主さんにとって気になるところを質問しやすくなるからです。
特に内気な性格の飼い主さんにとっては、獣医さん・看護師さんが優しそうな方が、満足のいく治療・説明を受けることが出来るでしょう。

スタッフの対応が良い

犬に対して声かけをしてくれる・優しく接してくれるなど、獣医さんや看護師さんの対応が丁寧で気持ちのいい動物病院を選びましょう。もし入院したら、そのスタッフに愛犬を任せることになります。

料金の明細がわかる

動物病院は基本的に自由診療です。
診察料、検査料、薬代などが明細できちんと分かるようになっているところが良心的です。
設備がどれだけ整っているかや、スタッフの腕、通いやすいところかどうかなどを見て、総合的に料金に釣り合っているかどうかを判断します。

他の飼い主と情報交換をする

これに関しては少々難しいところです。人によって良し悪しの感じ方は変わりますし、人から聞いたことを鵜呑みにして判断するのも良くないことだからです。とはいえ、飼い主さん同士のコミュニティーで一切話題に上がらない動物病院よりは、何人かが「あの動物病院はいい」と言っているところの方が、信頼できる動物病院である確率は高いでしょう。まずは自分の目で確かめてみることが肝心ですが、口コミも参考程度にはなるでしょう。

ペット保険に加入している場合

ペット保険に加入している場合、その病院がペット保険に対応しているかどうか確認しましょう。
また、子犬のうちにペット保険に加入しておくことをおすすめします。
病気や怪我をしてしまってから費用が用意できなくて焦るということは避けておきたいものです。
最近は安価で始められるペット保険のプランも充実していますし、一度一括で資料請求をして検討してみてください。

他の飼い主と情報交換をする

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧