動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
犬を車に乗せるときに気を付けること

犬を車に乗せるときに気を付けること

あきら

車でお出掛けのときに、愛犬が一緒だとより一層楽しいものです。また、病院に連れて行くときなど車に乗せる必要が出てくることもあるでしょう。犬を車に乗せるとき、どんなことに気を付ければ良いかをまとめました。

犬を車に乗せるときは、その子の恐怖心や車酔いなどに注意してあげましょう。
以下に詳細をまとめました。

車に乗ること自体が怖い犬もいる

ドライブ中に嫌な思いをした経験があったり、交通事故に遭ったことがあるなどの場合、車に乗るだけで怯えてしまう犬もいます。
そういう子の場合は、いきなり遠出をするのは避けましょう。車に乗せる必要がある場合は、少しずつ慣れさせてあげてください。

車酔いに注意

平衡感覚が養われていなかったり、体調の悪い犬は、車酔いを起こしやすくなります。
いつも以上に、犬の様子に気を配ってあげてください。

よだれが多くなってきていないかチェック

元気がなくなり、よだれをだらだら流し始めたら、車酔いし始めていると考えてよいでしょう。
犬の感覚は人間より敏感なので、揺れや臭いが堪えます。

車を止めて一度下ろしてあげる

車酔いし始めたら(また、そうでなくても)こまめに車をとめて一度下ろしてあげましょう。
新鮮な空気を吸わせてあげて、揺れのないところに下ろしてあげてください。

いつも以上に安全運転を心掛ける

車酔いを防ぐために、いつも以上に急発進・急停車はしないようにしてください。
山道など、車酔いしやすいコースは走らない方がいいでしょう。

犬用の酔い止め薬を使う

どうしても車酔いが酷い場合は、酔い止め薬を与えるという手もあります。
ペットショップで売られている犬用のものや、動物病院で処方されたものを与えてください。

運転中に犬がじゃれてこないように

運転している人に、犬がじゃれついてこないように気を付けてください。
あまりすり寄ってくるようなら、使っているケージごと車に乗せるのがいいでしょう。

犬が窓から顔を出すときには注意

ドライブ好きの犬の中には、窓から顔を出して風や景色を楽しむ子もいます。
それ自体はいいのですが、安全性を考えて、目の届くところで窓の外を覗かせてあげてください。

慣れれば犬とドライブも楽しめる

車に乗るのが苦手な犬でも、成長したり慣れたりすれば進んで乗るようになることもあります。
様子をよく見ながら、わんちゃんにとっても楽しいドライブにしてあげてください。

慣れれば犬とドライブも楽しめる

    この記事をシェアする

「犬の飼い方」の関連記事

犬のカテゴリ一覧