動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
猫に多い感染症。それぞれの症状と予防法について

猫に多い感染症。それぞれの症状と予防法について

あきら

猫の感染症はとても怖い病気です。予防接種で予防するとともに、猫にはどんな感染症があるのか、どういった症状が出るのかを確認しておきましょう。猫の感染症と、おおまかな症状についてまとめました。

猫の感染症について

猫の感染症はたくさんあります。
子猫の場合は抵抗力が弱いので、感染すると症状が重くなり、死亡することもあります。
有効な治療法がなく、予防接種で対策するしかありません。
ワクチンでも100%防げるわけではありませんが、免疫ができるため軽症ですむ場合があります。

猫の感染症の種類

猫の主な感染症と、症状などについてまとめました。
あくまで主な症状や基礎知識を把握するためにお使いください。
診断は動物病院に連れて行って獣医師の指示に従いましょう。

猫ウイルス性鼻器官炎

死亡のリスク:ある
ワクチン:ある
症状:発熱・元気がなくなる・咳・結膜炎・鼻水・涙

猫汎白血球減少症

死亡のリスク:高い
ワクチン:ある
症状:発熱・元気がなくなる・下痢・嘔吐・脱水症状
備考:白血球が減少する

猫カリシウイルス感染症

死亡のリスク:ある
ワクチン:ある
症状:発熱・咳・口唇潰瘍・急性肺炎

猫白血病ウイルス感染症

死亡のリスク:高い
ワクチン:ある
症状:発熱・下痢・貧血など
備考:免疫が低下し、他の病気を併発する

猫クラミジア感染症

死亡のリスク:低い
ワクチン:ある
症状:咳・結膜炎・肺炎

猫免疫不全ウイルス感染症

死亡のリスク:低い
ワクチン:ある
症状:貧血・鼻炎・腸炎・結膜炎など
備考:初期は無症状のことが多い。猫エイズと呼ばれる

猫伝染性腹膜炎

死亡のリスク:高い
ワクチン:ない
症状:発熱・元気がなくなる・下痢・嘔吐

猫伝染性貧血症

死亡のリスク:低い
ワクチン:ない
症状:発熱・元気がなくなる・貧血
備考:ノミ・ダニが媒介する。ヘモバルトネラとも呼ばれる

猫の感染症についてまとめ

猫の主な感染症について、簡単にまとめました。
予防法としてはワクチンを接種させること、外に出さないことです。
特に、野良猫と喧嘩させないように気を付けましょう。

    この記事をシェアする

「猫の飼い方」の関連記事

猫のカテゴリ一覧