動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
猫の寄生虫。原虫による寄生虫はどう予防する?

猫の寄生虫。原虫による寄生虫はどう予防する?

あきら

猫の寄生虫には、様々なものがあります。中には寄生されると猫の命に関わるものもあり、たいへん危険です。この記事では、猫に寄生するものの中でも原虫によるものについてまとめました。

猫の寄生虫

猫に感染する腸内寄生虫は、駆虫薬の開発によって駆虫率があがりました。
ただし、市販の駆虫薬を定期的に投与しても、あまり効果がありません。
定期的に動物病院に連れて行って、糞便の検査をしてもらいましょう。
猫の寄生虫対策は、早期発見と、感染を防ぐことが肝心です。
また、寄生虫の中でもノミ・ダニについては別記事で解説します。

この記事では、肉眼では見えない原虫の寄生虫についてまとめました。
原虫とは単細胞の微生物で、中には人や動物に寄生して病気を引き起こすものもいます。

Pz-LinkCard: URLの指定が誤っています

猫に多い寄生虫

これらが、猫に多い原虫の寄生虫です。

  • コクシジウム
  • ジアルジア
  • トリコモナス

コクシジウム

猫の小腸粘膜の細胞内で分裂する原虫です。

症状

子猫や老猫の場合は、水様便・血便・貧血などを起こし、衰弱して死亡することもあります。
健康で免疫力のある成猫の場合、症状が出ないこともあります。

予防と治療

予防としては、コクシジウムのいない室内で飼うことを徹底することです。外から持ち帰って経口感染しなければ、かかることはありません。
動物病院で診断後、投薬治療と衛生管理によって治療します。

ジアルジア

小腸に寄生する原虫です。
10日ほどの潜伏期間を経て、免疫力が弱い子猫に多く発症します。

症状

子猫は重い下痢を引き起こし、発育不良になります。
腹痛、食欲の低下、脱水症状も現れます。
成猫は症状が出ないことが多いです。

予防と治療

予防法としては、排泄物の処理を必ずきちんと行うことです。
排泄物を介して感染するからです。
治療は、軽症の場合は症状(下痢や脱水症状)に対しての治療を行います。
重症になった場合は、投薬治療も行われます。

トリコモナス

トリコモナスという腸に寄生する原虫です。
感染経路は経口感染になります。

症状

免疫力のある成猫では症状が現れないことが多いです。
症状は下痢、血便、粘液便、肛門の腫れ、直腸脱などです。
子猫の下痢便の中に検出されます。

予防と治療

予防としては、排泄物に触れさせないようにすることです。
治療は、多くが症状に対して行われます。
直腸脱を繰り返し引き起こしてしまう場合は、手術によって対処することもあります。

猫に多い寄生虫についてまとめ

原虫による寄生虫の病気について紹介しました。
全体にみて、寄生虫の感染を防ぐためには外に出さないようにすること・排泄物の処理をしっかりと行うことです。
成猫の場合は症状が現れないことも多くありますが、子猫の場合重症になりやすいのが寄生虫による病気です。
子猫のときは特に、衛生的な環境で飼育してあげてください。

    この記事をシェアする

「猫の飼い方」の関連記事

猫のカテゴリ一覧