動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
スコティッシュフォールドの保険。長期の通院に備えたプランを

スコティッシュフォールドの保険。長期の通院に備えたプランを

あきら

折れ耳が可愛らしいスコティッシュフォールド。スコティッシュフォールドは、残念ながら遺伝性の疾患が多い猫です。病気になりやすいスコティッシュフォールドのために、どんなペット保険がおすすめなのかを解説します。

スコティッシュフォールドの掛かりやすい病気

まずは、スコティッシュフォールドに多い病気について確認しておきましょう。
スコティッシュフォールドが掛かりやすい病気は骨軟骨異形成症、肥大型心筋症、嚢胞腎(のうほうじん)、尿路結石、外耳炎などです。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

スコティッシュフォールドがしやすい怪我

スコティッシュフォールドに多い怪我についても、把握しておきましょう。
スコティッシュフォールドは屋外で野良猫との喧嘩・多頭飼いしているときの飼い猫同士の喧嘩・骨軟骨異形成症に伴う怪我が多くなっています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

スコティッシュフォールドにおすすめの保険のプラン

では、このような病気・怪我の多いスコティッシュフォールドには、どのような保険のプランがおすすめなのでしょうか。

通院・入院・手術を補償するプラン

残念ながら、スコティッシュフォールドは通院・入院・手術を全て必要とするような病気に掛かりやすい猫種です。
尿路結石の場合は放射線治療や手術によって治療することもあります。
詳しくは後述しますが、長期の通院と必要とする病気も多くなっています。
加入するなら、通院・入院・手術の全てを保障してくれるプランにしましょう。

長期の通院を補償するプラン

骨軟骨異形成症や肥大型心筋症、外耳炎は長期の通院と投薬治療が必要とされる病気です。
骨軟骨異形成症に至っては、発症してしまえば症状を抑えるという治療しか出来ません。
生涯に渡って治療を続けることになります。
治療が長引くことが考えられますので、長期の通院を補償出来るプランを選びましょう。

免責金額の設定がないプラン

免責金額とは、補償の率に関係なく契約者が負担する金額です。
一回あたりの治療費がそこまで高額にならない外耳炎などでは、免責金額の設定によっては全く補償を受けられないこともあります。
免責金額の設定がない保険のプランを選びましょう。

まずは一括資料請求から

スコティッシュフォールドのペット保険を検討するにあたり、通院、入院、手術を補償するプラン・長期の通院を補償するプラン・免責金額の設定がないプランがおすすめだとお伝えしました。
たくさんある中でもどれが最もご自分の猫ちゃんに合っているのかを確かめるためにも、まずは一括で資料を請求してみてください。
複数のプランを比較検討した上で、最適なものを選びましょう。

スコティッシュフォールドの保険についてまとめ

スコティッシュフォールドは、ペット保険が特に必要な猫種であるといえます。
特に遺伝性の病気に関しては、発症してしまう前の赤ちゃんの時期にペット保険に加入しておくことをおすすめします。

    この記事をシェアする

「猫の飼い方」の関連記事

猫のカテゴリ一覧