動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
猫を買う・出会いはペットショップ?里親?初心者の選択方法

猫を買う・出会いはペットショップ?里親?初心者の選択方法

渚 ナギサ

猫を買うときに出会う場所はペットショップだけなのでしょうか?実際に飼うようになった人の例などをもとに、実際に出会う方法を知っておきましょう。初めての人はペットショップに行くべきなのでしょうか?

猫との出会いは様々な場所から

猫を飼っている人に話を聞いてみると意外にも『拾った』と言う意見を多く耳にします。
ですが、実際に飼いたい・飼えるようになったというタイミングで拾うなんてタイミングが良いことはあまりありません。
出会う方法は大きく分けて以下の通りです。

方法 利点 欠点
ペットショップ 血統書などがついている お金がかかる
里親 殺処分になる可能性があった命を救える 条件が厳しいことが多い
ブリーダー ペットショップより詳しく相談できる 対人関係で問題が出ることがある
動物病院 猫の状態を把握している主治医が最初からいる 頼まれて掲載してる場合も多い
拾う・保護 一期一会の出会い 拾う・保護 一期一会の出会い 

ペットショップで買うのが一般的?

全く知識がない人の場合は、ペットショップで買うという発想が出てくると思います。
利点としては、血統書などがちゃんとついてくるなど『商品』として受け取ることが出来ます。経済が回るという利点がありますね。
欠点と言えば、ショーウインドウで大衆の目にさらされていてストレスに溜まっていることがある、などです。

良くも悪くも、生き物をお金で取引するので、ある程度覚悟を持ったうえで購入を検討しましょう。

金額としては、種類にもよりますが5万~30万とある程度幅があります。
生まれてからの日数、その時の人気などによって相場が変動するので、ネットの相場を見るのではなく直接ペットショップに行って確認する必要があるため、ここでの明言は避けておきます。

里親で猫を引き取る

里親の利点としては、やはり殺処分になる可能性があった命を救えることです。
1つでも多くの命を救おうと思ったら里親募集のサイトを探してみましょう。

ですが欠点として、里親で猫を引き取ろうと思う人が躓くのは『条件』です。
ある里親募集をしてる場所で提示された条件が『人類じゃ飼えない猫』と揶揄されたことがあるほど、条件が厳しいことがあるほどです。

そこまで条件が厳しくなるのは、過去に無責任に里親になり、すぐに保健所に預けたり捨てたりするなどの悪行を行った人がいるため、里親に出す今の飼い主もシビアになりがちです。
ちゃんと今の飼い主さんとあって、真摯に猫を飼うという姿勢を見せておくことが一番良い方法ではないでしょうか。

ブリーダーから猫を買う

ブリーダーから猫を買う場合は、様々な知識を持っている専門家から購入できる利点が大きいですね。
初めての人の場合は、相談して買いたいという人にオススメされることが多いです。

ですが、ブリーダー業を個人で行っている人も多く、購入者とのトラブルが起きる事もすくなくありません。
信頼できるブリーダーではないと感じた場合は、人とのトラブルを避けるという意味では、企業的に行っているペットショップの方が良いのではないでしょうか。

動物病院から引き取る

動物病院が掲載してる里親募集の張り紙や、ネットでの情報で猫を引き取る方法です。
動物病院では、頼まれて掲載している場合と、動物保護団体と連携している場合、動物病院主体で掲載している場合の3種類があります。

頼まれて掲載している場合は、動物病院が仲介しているという点で考えると信頼できる状態ではないでしょうか。
主治医も決まっているので、連絡も無理なく行えると思います。

動物保護団体と連携している場合と、動物病院が主体で里親募集を行われている場合は、ほとんどのケースで獣医さんの健康チェックが入ります。
引き取る際に主治医がついているというのは、ほかの引き取り方と大きな差として考えられます。
筆者の個人的な意見としては、誰も損をしない引き取り方の一つだと思います。

猫を拾う、保護する

捨てられた猫を保護するのは、人を介さないで里親になる。という状態ですね。
猫を拾ったり、保護する場合は病気などに注意が必要です。
現状の猫の状態などを、あらかじめ知ることが出来ないので、ちゃんと飼う場合は飼い主自身が調べて責任をもって飼うようにしましょう。

また、捨て猫だと思ったら飼い猫だった。というトラブルも起こる可能性があるので、ちゃんと市町村の役所、警察などに飼い主からの問い合わせがなかったからかなどを確認しましょう。
出来るのであれば、拾った近くで聞き込みや張り紙なども行う方が良いかもしません。
大切な家族を失ってしまった人がいる可能性は忘れてはなりません。

結局どれで猫と出会えばいいの?

上記にも記載しましたが、筆者の個人的な意見としては動物病院から引き取るのが良いと考えられます。
特に初めての人の場合は、主治医を見つけられるのは大きな利点だと考えられます。
里親募集と同様に、殺処分になる可能性がある猫を助けられる点など、総合的にみると動物病院から引き取るのが良いのではないでしょうか。

ですが、結局のところは一番良いのは飼い主さん自身が選んだ方法です。
どうしてもほしい種類の猫がいるなど、人によって意見は様々なので、飼っている人の中には里親になる事を強要してくる人もいますが、気にし過ぎないようにしましょう。

猫と出会う方法のまとめ

猫と出会う方法は大きく分けて、ペットショップ、里親、ブリーダー、動物病院、拾う・保護の5つ。
その中でも、利点と欠点を理解して、自分に合った出会い方が良いでしょう。

一番良いのは、飼い主に合った選び方なので、周りの意見に流されて無理をしないようにしましょう。

    この記事をシェアする

「猫の飼い方」の関連記事

猫のカテゴリ一覧