動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
アメリカンショートヘアとの遊び方。元気一杯遊んであげよう

アメリカンショートヘアとの遊び方。元気一杯遊んであげよう

あきら

アメリカンショートヘアは運動量が多く、活発な猫種です。そんなアメリカンショートヘアが楽しく安全に、飽きずに遊べるようにはどのような遊び方をしてあげれば良いのでしょうか?注意点とともにまとめました。

アメリカンショートヘアにおすすめのおもちゃ

キャットタワー

キャットタワーは定番ですが、一つ設置しておきたいおもちゃです。
猫ちゃんが自分一人で上り下りして遊べるので、留守の間も安心です。
また、猫を飼うときは室内に高低差をつけることが大切になります。
アメリカンショートヘアはジャンプ力の高い猫種なので、元気いっぱい上り下りする姿が見られると思いますよ。
また、一匹でも遊べるというのも重要なポイントです。
飼い主さんが留守の間に、好きなだけ遊べる環境を備えておくためにも、キャットタワーは是非設置してあげてください。

猫じゃらし

定番ですが、猫じゃらしは何種類か持っておきたいものです。
先っぽに羽のついたものや、ねずみのぬいぐるみがついたもの、毛玉がついたものがあります。
種類によって猫ちゃんの好みが分かれるので、何種類か用意すると良いでしょう。
また、音が出るものも飽きないで遊べることが多いようです。
電動で自動で動くものも、留守の間などに良いでしょう。
動かし方の基本は、動きに様々に変化を付けることです。
ねずみのように素早い動きをしてみたり、ミニカーのように一定のスピードでくねくねと動かしてみたり、鳥のように空中を飛ぶように動かしてみたりしてみましょう。
コツとしては、前後左右上下と、縦横無尽に立体的に動かすことです。
猫ちゃんを出し抜くつもりで、予想も出来ないような動きをしてみましょう。
また、猫じゃらしは消耗品です。
アメリカンショートヘアは元々ネズミ狩りに使われていたハンターです。
ですからなおさら、捕まえた猫じゃらしをボロボロにしてしまうことが多々あります。
安いものをいくつか買っておくのがよいでしょう。
手作りもおすすめです。

レーザー光線を使ったおもちゃ

懐中電灯やレーザー光線が出るもので、壁に光を当ててそれを追いかけさせる遊び方もおすすめです。
猫じゃらしと違って、飼い主さんが寝転がったままでも広い範囲を行き来して遊ばせてあげることが出来るからです。
たくさんの運動量を必要とするアメリカンショートヘアには、ぴったりの遊び方です。
壁の高いところや天井などに光を当てると、大興奮してぴょんぴょん飛び跳ねるアメリカンショートヘアもいます。
ただしアメリカンショートヘアも遊ぶときに爪を立てて捕まえようとするので、壁を傷付けないように気を付けてください。
布や段ボールなどを貼り付けてその範囲で遊ばせてあげると良いでしょう。
また、光をアメリカンショートヘアの目に当てないように十分注意してあげてください。

アメリカンショートヘアと遊ぶときの注意点

手をおもちゃ代わりに使わない

アメリカンショートヘアは、元々ネズミ狩りをするためのハンターとして使われていた猫でした。
手をおもちゃ代わりに使う遊び方をしていれば、当然手を噛むようになってしまいます。
アメリカンショートヘアが「手は噛んでもよいもの」と認識してしまうからです。
ですから、アメリカンショートヘアと遊ぶときは必ずおもちゃを使うようにしましょう。

疲れすぎていないか注意

アメリカンショートヘアは遊んでいる途中、夢中になり過ぎることがあります。
元気いっぱいの成猫なら構いませんが、子猫や老猫の場合は疲れすぎていないか注意してあげてください。
疲れていても、狩猟本能があるため目の前で獲物(を模したおもちゃ)があれば気になってしまいます。

飽きないように工夫をこらしてあげる

アメリカンショートヘアは賢い猫種です。
ですから、ずっとワンパターンの遊び方では飽きてしまいます。
子猫の間は、単純な遊び方でも喜んで遊びますが、成猫になってくると飽きるようになります。
おもちゃの種類を変えたり、音が出るものを試したり、動かし方を大きく変えてみたりして、遊び方を工夫してあげてください。
猫の飽きない遊び方については、以下の記事を参考にしてください。

肥満の場合は関節への負担に注意

肥満状態にあるアメリカンショートヘアについては、関節の負担に注意してあげましょう。
アメリカンショートヘアは肥満になりやすい猫種です。
肥満になってしまっている場合は、大きなジャンプや体を捻るような動き、急停止・急カーブはさせないように気を付けてあげてください。
もちろん、日頃から肥満にならないように気を付けてあげてくださいね。

アメリカンショートヘアの遊び方についてまとめ

アメリカンショートヘアは活発で運動量の多い遊び方を好む猫種です。
猫じゃらしやレーザー光線などを使って、たっぷり運動出来る遊び方をしてあげましょう。

    この記事をシェアする

「猫の飼い方」の関連記事

猫のカテゴリ一覧