動物看護師監修。ペットの総合情報サイト

 
猫を飼うのにかかる一ヵ月あたりの費用。低収入でも飼える?

猫を飼うのにかかる一ヵ月あたりの費用。低収入でも飼える?

あきら

猫を飼うにあたって、一ヵ月あたりどれくらいの費用がかかるのでしょうか?猫をお迎えするときの初期費用は抜きにして、一ヵ月あたりどれくらいの費用がかかるのかをまとめました。

猫を飼うのにかかる一ヵ月あたりの費用

猫を飼うにあたり、基本的な消耗品を買う分には、あまり大きな費用はかかりません。
ただし、病気や怪我で病院のお世話になったり、トリミングに行く必要が出てくるときがあります。
基本的な一ヵ月の飼育費用と、病院などの臨時の費用について解説します。

一ヵ月にかかる費用

猫を飼うにあたって、一ヶ月に必要なものとその値段は以下の通りになります。

  • 餌(総合栄養食)/1500円程度
  • トイレ砂/500円程度
  • おやつ/1000円程度
  • おもちゃ/1000円程度
  • 爪とぎ/500円程度

合計すると、猫を飼うのにかかる一ヶ月あたりの費用は4500円程度といえます。
ひとつずつ見ていきましょう。

餌は1500円程度とお伝えしましたが、スーパーで売っている安価なレギュラーフードを与えるか、高級なプレミアムフードを与えるかで値段は異なってきます。ここでは安価なレギュラーフードを一ヶ月間(1.5㎏)与えるとして、おおよそ1500円程度になると計算しています。
プレミアムフードとレギュラーフードの違いについては、以下の記事を参考にしてください。

トイレ砂

トイレ砂に関しては、あまり費用の掛かるものではありません。
例えば以下に紹介している商品なら、4ℓで2.5ヶ月分(猫一匹の場合)使えると表記されています。
4ℓ入った商品の値段が1000円弱なので、少し多めに見積もっても一ヵ月あたり500円程度と考えてよいでしょう。


花王 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L [システムトイレ用]

おやつ

おやつは、猫ちゃんにとって栄養素の面では不要のものです。
しかし、しつけが上手くいったご褒美・食欲増進・スキンシップを取って信頼関係を深めるといった点で、与えることに一定の意義があります。
ですから、おやつも猫を飼う費用の中で必要といっていいでしょう。
猫におやつを与える意義については、以下の記事を参照してください。

ポピュラーな猫のおやつで、かつ猫ちゃんの体に悪くないもので、CIAOちゅ~るという製品を例に挙げてみましょう。
40本入りのCIAOちゅ~るが約1600円、一本当たり40円。それをだいたい毎日一本ずつ(月に25回)与えるとすれば、ちょうど一ヵ月で1000円程度になります。


CIAOちゅーる 40本 まぐろ・かつおバラエティ 14g×40本入り

おもちゃ

猫のおもちゃは一ヵ月あたり1000円程度とお伝えしました。
が、おもちゃに関してはこれよりずっと費用を抑える選択肢も、もっと高価なおもちゃを買い与える選択肢もあります。
おもちゃは遊んでいるうちに壊れたり飽きたりしてしまうものなので、定期的に新しいものを与える必要性はあります。
しかし、100円均一のおもちゃやその辺の日用品でも十分楽しんで遊ぶ猫ちゃんもいるでしょう。
その場合は、一ヵ月に1000円も使う必要もありません。

ただ、猫ちゃんに構ってあげられる時間が限られている飼い主さんもいるでしょう。
その場合、電動のおもちゃを買ってあげるという選択肢もあります。
少々高価にはなりますが、高価といっても数千円程度です。
猫ちゃんが構って欲しくて飼い主さんが困ってしまう、という状況なのであれば、そうしたおもちゃを導入するのも良いでしょう。


猫壱 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 猫用電動おもちゃ

猫のおもちゃを使った遊びに関しては、以下の記事を参考にしてください。

爪とぎ

ご存知の通り、猫は爪をとぐ習性のある生き物です。
猫ちゃん自身が気に入れば、爪とぎに使うのはスーパーなどでもらえる段ボールなどでも構いません。ただ、必ずしも段ボールを気に入ってくれるとは限らなかったり、すぐにボロボロになってしまうなどの難点もあります。
爪とぎ用品を購入する場合は、様々なものが売られているので色々試してみましょう。


アイリスオーヤマ ネコの爪とぎ 6個パック

猫の爪とぎのしつけに関しては、以下の記事をご覧ください。

一ヵ月にかかる費用について注意点

以上、猫を飼うにあたって必要になる一ヵ月あたりの費用について解説しました。
その上で、注意しておきたいことについても確認しておきましょう。

餌だけは良いものをあげよう

色々なところで、猫を飼うのにかかる費用は抑えることが出来ます。
おやつを手作りしたり、おもちゃを手作りしたり、節約することも一つの楽しみになるかもしれません。
しかし、猫ちゃんの体と健康、ひいては幸せの礎となる餌だけは、あまり節約せずにいいものを与えてあげてください。
良い食生活を送っていれば健康も保たれ、病気になる確率も低くなります。
ひいては病院代などの節約になり、結果的に猫ちゃんも飼い主さんも幸せな状態を保てるでしょう。

臨時でかかる費用に注意

もう一つ心に留めておいてほしいのは、臨時でかかる費用についてです。
以上で説明した固定費の他に、ワクチン代・急な病気や怪我をした場合の病院代・避妊去勢手術代などがかかるときがあります。
その時のために、猫貯金を必ずしておくようにしましょう。
とはいえ、大病を患ったり手術を受けることになれば、かかる費用は何十万にものぼります。
その時に備えてコツコツお金を貯めるのも重要なことですが、万一のためにペット保険に入っておく方が精神的にも金銭的にも負担が少ないでしょう。
猫を飼うのにかかる臨時の費用や、ペット保険については別記事で詳しく解説します。

猫を飼うのにかかる一ヵ月あたりの費用まとめ

猫を飼うのにかかつ一ヵ月あたりの費用は、餌・トイレ砂・おやつおもちゃ・爪とぎを合わせて約4500円程度といえるでしょう。
ただし、猫ちゃんの体と健康を作る餌に関しては、あまり節約しないであげてください。
また忘れてはならないのが、これ以外に病気や怪我をした際の臨時の費用がかかるということです。
その時のために、猫貯金やペット保険で備えておきましょう。

    この記事をシェアする

「猫の飼い方」の関連記事

猫のカテゴリ一覧